近頃は男子も女も関係ない時代になったものですね。テレビなど見ているとどちらか思い付か方も散々増えました。女性になった所為なのかもしれませんね。

最近の女装家たちはすばらしいです。
マツコ君、ミッツ・マングローブ君。
TVで見ることが多いですが、本当は母親よりもずっと大きな個々なのですよね。
ミッツ君まで、身長が凄い高いですし、マツコ君は太っていて大きめだ。
も、その振舞いが母親以上に母親なのです。
うらやましく考えます。
手法の組み方や、歩きの組み方、つめの修正の容貌。
頭髪をひっそりなおしたり、気にしたりする容貌。
笑うときに、こそこそ口に手法を割り振る容貌など、小さなしぐさが、ボクなんかよりずーっと母親らしきというのです。
ですから、女装家というのは、ただ美しいお化粧を通して、母親の洋服をまとうと言うよりは、如何にもしぐさや立ち居仕業まで研究して、それも合わせて女装をしていると言うことなのでしょう。
はたして極めてある女装家族を見ていると、わたしなんて、必ずや奥様なのに、振舞いが心無きなと、反省してしまう。
割高お洋服や、品名の手提げ袋などは持つことが出来ませんが、少なくとも立ち居仕業くらいは「素敵な母親」と思われるように心がけたいと思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です