仕事中なんでこんなことしなければいけないとしてしまうことがあります。実績して再び随分とひとときが経ちましたが今もこういったことを考えて仕舞う人とは不思議なものですね。

それぞれは何のためにはたらくのかというと、食べる結果、または、いずれ働けなくなったときのために利益を貯える結果、というレスポンスだと思います。
合っているって思いますが、もう一度根源的には何が起こっているのか、はたらくため何が成し遂げられているのか考えています。
そもそも動くことは大昔は穢れたことだと思われていたようです。
それが年代とともに、はたらくことは素晴らしいものだと思われるようになってきました。
そこには、感情が関係していたことが分かります。
確かに、働くとポイントのようなものがあります。
そうして、利益をもらえると、喜びが得られます。
こういう繰り返しですが、これは癒しなのではないかという思います。
動くため、一種の癒しが行われている、というようになりました。
癒しの量や素材を求めて、仕事を変えたり、嫁入りしたり行なう。
癒されれば癒される前後、スリルが得られます。
ライフに渡って、こういうスリルが得られるように、それぞれは仕事をしているのではないかと、思います。
癒しは大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です